FAQ
CGI、SSIに関する質問

1. CGIとは?
2. SSIとは?
3. CGIはどこのディレクトリに設置すればよいですか?
4. 設置出来ないCGIやCGI利用時の制限はありますか?
5. コマンドのパスやバージョンを教えてください。
6. 自分で用意したCGIを動作させるにはどうしたらいいですか?
7. CGIのプロセス削除方法を教えてください。
8.

CGIがうまく動かないのですが。(500 Internal Server Errorなどが表示される)

9. SSIの設定はどうしたらよいのでしょう?
10. メール送信を行なうプログラムを使用する際の注意事項は?

Q. CGIとは?
A. CGIとは、「Common Gateway Interface」 の略で、サーバ側でプログラムを実行させることによって、必要なときに必要なデータを生成させる仕組みです。
CGI を利用すると、フォームに入力されたメッセージを適切な形式にしてメールで転 送したり、掲示板(BBS)やオンラインショッピングシステム、アクセスカウンタなどが使用できます。


Q. SSIとは?
A. SSIとは、「Server Side Includes」 の略で、HTMLタグに組み込まれたSSIタグをHTTP サーバが解釈し、コマンドを実行できる仕組みです。
SSIを利用すると、文字ベースのアクセスカウンタや、アクセスするたびにページの一部の表示を切り替えるような事が実現できます。


Q. CGIはどこのディレクトリに設置すればよいですか?
A. お客様のホームディレクトリ(public_html)以下であれば、どこにでも設置できます。
一般的には、public_html内にcgi-binディレクトリを作成し、この中にCGIを設置します。
尚、cgi-binディレクトリをご利用になる場合は、CGI専用ディレクトリに設定されますので、html・画像ファイル等は、別ディレクトリに設置してください。


Q. 設置出来ないCGIやCGI利用時の制限はありますか?
A. チャット、検索エンジン等のプログラムは禁止させて頂いております。
また上記以外でも、サーバに負荷を掛けるものであれば、ご利用を制限させて頂く場合がございます。 なお、CGIの1プロセスあたりのサーバリソース占有量として、 以下を超過する処理を行う場合はその処理はサーバ側にて中断され、以降の処理は行われませんのでご注意ください。

CPU 使用時間     : 30秒
同時実行プロセス数 : 20

皆様がCGIを快適にご利用頂ける様、ユーザ個々にシステムのリソース制限を設定しております。 無限ループに陥ったCGI等により他のお客様が影響を受けるようなことはありません。 ご利用にあたり、特に独自のCGIは、十分な動作確認を済ませた上で使用して頂きます様、お願いいたします。


Q. コマンドのパスやバージョンを教えてください。
A. 以下の仕様となっております。

perl (5) /usr/bin/perl
sendmail /usr/sbin/sendmail
nkf /usr/bin/nkf
htpasswd /usr/bin/htpasswd
gzip /bin/gzip


Q. 自分で用意したCGIを動作させるにはどうしたらいいですか?
A. Perl, SH, CSH, C, C++ 等により作成したCGIスクリプトを動作させることが可能です。
弊社バーチャルサーバは、セキュリティを重視した設計となっている為、Apache は suEXEC モード(ユーザの権限)で動作をしています。セキュリティ上、ディレクトリ ならびにファイルのパーミッションは、以下の設定が理想です。

CGI スクリプトを置くディレクトリ : 755
CGI スクリプト            : 700
書込みファイル等          : 644


Q. CGIのプロセス削除方法を教えてください。
A. プロセスの削除(無限ループに陥ったCGIのKILL)は、コントロールパネル(usermin)から行うことが出来ます。


Q. CGIがうまく動かないのですが。(500 Internal Server Errorなどが表示される
A. CGIエラー、サーバーエラーの原因には、パーミッション設定や、コマンドパスのミス、プログラムエラーなどが考えられます。再度確認をお願いいたします。

・ パーミッション設定はプログラム指定のもの以外に、弊社指定のパーミッションでもお試しください。
・ 改行コードはUNIX(LF)になっていますか?
  (PC用の改行コードWindows(CR+LF)、Mac(CR)のままですとエラーとなります。
   変換方法については、Yahoo等で「改行コード CGI」などでお調べください。)

また、サポートページのヘルプBBS参照をして頂いたり、Shell(SSH)でのテストも行なってみてください。それでも解決できない場合は、弊社カスタマーサポー トセンター(support@tokyonetworks.com)まで以下項目をお知らせください。

・ CGIのURL
・ エラーメッセージ
・ CGIで実現したい処理
・ お客様ご自身でテストした内容・手順

なお、調査にはお時間を要することがございます。


Q. SSIの設定はどうしたらよいのでしょう?
A. 拡張子を shtml にして頂くだけで SSI のご利用が可能です。


Q. メール送信を行なうプログラムを使用する際の注意事項は?
A. User unknownなどのエラーメールを受け取るアドレスの通常設定をお願いいたします。
プログラム内メール送信ヘッダにReturn-Pathを追加し、受け取りアドレスを設定してください。
なお設定がない場合、envelope-from(Return-Path)を"XXX@tnXX.tokyonetworks.net"として送信します。
XXX: 実行UNIXユーザ
tnXX: 弊社サーバ毎に異なるホスト名(数字)


戻る




会社概要 | 個人情報保護 | お問い合わせ

© 2002-2005 TOKYO NETWORKS Inc. All rights reserved.